【Twitter】ミュートワードのおすすめ|カスタマイズも紹介

2022年4月8日

こんにちは、Webエンジニアのタクです。

Twitterには「ミュート」という便利な機能があります。これは自分で選択もしくは指定した条件に該当するアカウントやツイートを、ブロックやフォロー解除することなく自身のタイムラインに表示しないようにできるものです。

自分に合ったコミュニティ環境作りの為、Twitterではこうしたミュート機能をうまく役立てていきたいですね。

ブログ管理人
タク

この記事ではキーワードミュートにより条件指定したツイートを非表示にして、タイムラインを自分仕様にカスタマイズするおすすめの方法について、Twitter運用歴2年の僕が簡単紹介します。

1、【Twitter】ミュートワードのおすすめ

Twitterのキーワードミュート設定は、特定の単語、フレーズ、ユーザー名、絵文字、ハッシュタグなどを指定することで、それを含むツイートを非表示にできるものです。

例えばTwitterでは、誰彼構わずにいかがわしい詐欺まがいの副業を勧めてくる広告目的の為だけの個人アカウントからフォローされたり、そうした内容のDMが送られてくることがよくあります。

もしそうしたアカウントを遠ざけたい場合、「副業」というキーワードを指定し、ミュート対象に「通知」を指定しておくことで、そうしたフォロー通知やDMは届かなくなります。

もちろん、上記設定で「副業」というワードを含む全ての通知が届かなくなる点は把握しておきましょう。

また、上記のような特定の単語で指定する他に、下記のようなキーワードで条件指定することもできます。方法は下記場所にそのキーワードを入れておくだけ。

[場所: Twitter左メニュー > 設定とプライバシー > プライバシーと安全 > ミュートとブロック > ミュートするキーワード]

【▼ミュートワードのおすすめ】

キーワード効果
rt @他人のリツイートを非表示
tweet-context with-icnいいねツイートを非表示
filter:follows -filter:replies他人のリプを非表示
suggest_recycled_tweetハイライトを非表示
suggest_who_to_followおすすめユーザーを非表示
suggest_activityおすすめツイートを非表示
suggest_pyle_tweet「〇〇さんがフォローしています」ツイートを非表示
参考:Twittermute.txt/GitHub Gist

上記キーワードを「ミュートするキーワード」に入れておくことで、各種要素がタイムライン上にて非表示になります。

ただし、上記を只入れておくだけではまだ設定が反映されない場合があります。

なぜならそもそものツイッタータイムライン表示を決める大枠設定として、タイムライン右上の☆マーク設定があるからです。

ここの設定次第ではいくらキーワードミュートを設定しても指定された内容は非表示になりません。そこで僕のおすすめを[3、「ミュートするキーワード」を使ったおすすめカスタマイズ]にてご紹介しています。

※Twitter資料:Twitterヘルプセンター>ミュートの詳細設定オプションを使用する方法

2、Twitterタイムラインの不都合な初期設定とデメリット

僕個人的には、Twitterは別段為になる内容や共感できる内容ではなくとも、できるだけフォローしてる人のリアルタイムツイートを拝見したいと思っている人間です。

そのほうがフォローしてる方々の最新事情だったり世の中の最新情報が知れますからね。

しかしながらTwitterの初期設定では、前日もしくは当日内に投稿された「いいね」がすでにたくさん付いたツイートや「リツイート」がタイムラインを埋め尽くしてしまっています。

それらは共感されてる分為になる内容は多いですが、僕のように個々の希望と異なる場合はやはり不都合です。

また、「いいね」がすでにたくさん付いたツイートに「いいね」などして反応しても投稿したユーザーさんには気づいてもらえない可能性が高く非効率です。

相手にいく通知もすぐ埋もれてしまいますからね。これはかなりのデメリットと言えるかと思います。

その点下記カスタマイズで設定する、投稿されて1分も経っていないような新着ツイートには「いいね」するだけでも自分のことを認知してもらいやすくなり、リプなどすれば覚えてもらえる確率もぐっと上がります。

何せツイートに反応した1人目になれることも多いですからね。こうしたメリットはかなり大きいのではないでしょうか。

3、「ミュートするキーワード」を使ったおすすめカスタマイズ

ここでは上記のようなTwitterタイムラインの初期設定を変更していきます。

僕同様に、いいねツイートやリプ・リツイート他Twitterが無作為に勧めてくるコンテンツ等を非表示にし、フォローしてる方々とシンプルかつリアルタイムに繋がっていたい方におすすめの設定です。

<▼「ミュートするキーワード」を使ったおすすめカスタマイズ>

1、「ミュートするキーワード」には下記3つを入れる。

  • rt @
  • filter:follows -filter:replies
  • suggest_who_to_follow

  • 2、タイムライン右上の☆マークをクリック(タップ)して、「最新ツイートに切り替え」を選ぶ。

    上記1,2の設定で、あなたのTwitterのタイムラインは他ユーザーが干渉しない形に綺麗に片付くと思います。

    これにより、タイムライン上にはフォローしてる人のツイートがシンプルに新着順で表示され、間にプロモーション(広告)が挟まってるだけの状態になります。

    ちなみにいいねツイートに関しては、2の設定で自然と非表示(後回し表示)になるかと思います。

    僕個人的にTwitterで最も邪魔だと思うコンテンツは、広告を除けば他人のリツイートです。

    フォローしてる方のツイートは見たいものの、フォローしてる方がする他人のリツイートは別に見たくないというケースは多いのではないでしょうか。

    1日何通~何十通とちょっとでも気になった他人の発信をリツイートする方は多いですからね。これが入ってくることでタイムラインはすごくごちゃごちゃしてしまいます。

    ただ、Twitter右上の☆マークをクリックして「最新ツイートに切り替え」を選択してもそれだけでは他人のリツイートは消えません。

    リスト作成もできますが、それにもリツイートだけ非表示にする設定はありません。これを設定できる方法は現状ではこのキーワードミュートのみかと思います。もしリツイートも見たいユーザーさんが居る場合はそれ用のリストを作ると良いでしょう。

    また、自分に関係ない他人へのリプなどは言うに及ばず、タイムライン中間に挟まるおすすめユーザー紹介等も僕個人的には不要。繋がりたいユーザーを探すときは検索で間に合ってますからね。

    あのおすすめユーザー紹介に出てくる中には、例えば1ツイートもしていない非アクティブユーザーなども含まれることが多く、プロフィを見に行ってもかなり非効率。これは一体何を基準におすすめしてくるんだ?‥と不思議に思うこともしばしばです。

    そうしたコンテンツが上記カスタマイズにより綺麗に無くなるかと思います。上記以外にもあまり見たくないツイートがあれば、そこに共通する単語やフレーズなどを「ミュートするキーワード」に入れておくことで非表示にできます。プロモーション(広告)以外は。

    ただ、プロモーション(広告)に関しては、その右上にある縦3点マークをクリックして出るメニューから「この広告に興味がない」を選択すればその広告はとりあえず消えます。

    そして次回以降は代わりにもっと興味ありそうな広告が表示されるようになります笑)。あー、できればこれを一番ミュートしたいのですがね。。

    4、おわりに

    Twitterは2017年時点で日本国内の月間利用者数4500万人という巨大SNSであり、老若男女問わずいろんな方が利用しています。発信する内容は人によりけりなので、中には目にしたくない発信もあって当然だと思います。

    そんな時にこのキーワードミュート機能をうまく使っていくことで、タイムラインを自分仕様にうまくカスタマイズして僕らの日々の情報収集やモチベーションアップ等にTwitterをうまく役立てていきたいですね。

    以上、おわり😊